ランディングページ制作/運用

ランディングページについて

まず「ランディングページ」という言葉になじみの薄い方も多いと多いと思いますので、ランディングページとはどういう物の解説から運用方法とその費用に至るまでを解かりやすく解説いたします。

■ランディングページ運用の集客手法をご存知ですか?

ランディングページ(LP)とは「リスティング広告といわれるネット上の広告リンクをクリックした際に表示されるホームページ」で、ひとつの商品やサービスを売るための、上から下までが長いホームページの事を指します。
(「ランディングページ」の他に「LP」とも言われます)





ランディングページ運用の集客手法は、「インターネットを使って最短で顧客獲得や売上げを上げるための効率的な仕組み」で、既存のホームページとは別にランディングページを設置し運用しただけで、インターネット経由での売上げが5倍以上になったという事例もあります。

 

■なぜランディングページに飛ばすのか?

会社やネットショップ、実店舗を問わず、顧客獲得や売上を上げるためには自社のサービスや商品などのターゲットである”見込顧客に最適な営業を行う事”が重要となります。
ここで言う「営業」をインターネット上で行うのがランディングページとなります。

この営業を行うためにホームページ内のページ数を増やすのではなく、ランディングページを作る意味は大きく分けると3つあり、ターゲットの見込顧客に最適化しやすい・ページ内移動の必要がない・費用が安いということです。

 

▽ランディングページを作る理由

.見込顧客の探しているピンポイントな広告内容から流入してくるのでページ内に記載する訴求内容を最適化しやすい(ホームページへは見込顧客以外のユーザが流入してきてしまうため、浅く広くの構成になってしまいがちです)

.見込顧客が求めている情報を1ページに集約でき、リンク先も少ないため離脱が少ない

.見込顧客に対してホームページを最適化するよりも、ランディングページを制作する方が安い

 

このようにインターネットを使って顧客獲得や売上げに直結する重要なランディングページ運用の集客手法ですが、一般企業やネットショップ、実店舗の運営者の方への認知度はまだ低くほとんどの企業やショップの方も活用できていないのが現状です。

ですので、この状況を逆に考え、このランディングページ運用の手法を取り入れるだけで、成果が上がりやすい状況であるとも言えるのです。

 

 

ランディングページの制作から運用まで

お客様の出費負担を軽減する当社のサービス

他社の一般的なランディングページ制作サービスは、出来上がったランディングページのHTMLファイルを直接納品し、お客様自身がWEBサーバー内に設置設定し運用することが前提で、ランディングのページの有用性を知っていても、パソコンやインターネットが苦手な方には手を出しずらい状況ですが、
当社がご提供するランディングページ制作/運用サービスでは、当社サーバー内にお客様の専用スペースを設け(サブドメインも付与)そこで稼働させることでお客様の労力や知識、出費負担までも減らしご提供することでご好評を得ております。


 

もちろんお客様のサーバー内への設置も可能ですので、その際はご相談ください。

また、ランディングページ専用ドメインの取得などをお考えのお客様も当社にて取得、登録代行サービスも行っておりますのでご相談ください。